パーソナルトレーナーって無資格でも活動できる?就職できる?

パーソナルトレーナー未経験の方からよくいただく質問で、

「パーソナルトレーナーって資格が必要なの?」

というものがあります。

少しパーソナルトレーナーについて調べた方なら、「未経験でもできる!」なんて情報を目にしたと思いますが、人の体を預かり、ハードなトレーニングや食事制限の指導を行うパーソナルトレーナーが本当に無資格で務まるのか?疑問に思ったのではないでしょうか。

今回はそんなパーソナルトレーナーの資格について、

「パーソナルトレーナーは無資格でも大丈夫なのか」

という点について詳しく解説していきます。

無資格でパーソナルトレーナーって嘘にならない?捕まらない?

無資格でパーソナルトレーナーって嘘にならない?捕まらない?
さっそく本題の「パーソナルトレーナーは無資格でも大丈夫なのか?」という疑問に関してですが、

法律上は無資格の方でもパーソナルトレーナーになることは特に問題ありません

そもそもパーソナルトレーナーとしての活動を証明する国家資格は現在日本国内にはなく、パーソナルトレーナーの資格として有名なNESTA-PFTやNSCA-CPTなどの資格は、すべて民間資格です。

同様に人の体を扱うマッサージ師などは国家資格の取得が必須ですが、パーソナルトレーナーになりたい方は特に資格を取得せずともパーソナルトレーナーとして活動する環境が整っていれば、すぐにでもトレーニングに携わることができます。

無資格のパーソナルトレーナーに存在価値はあるの?信頼してくれる人なんている?

無資格のパーソナルトレーナーに存在価値はあるの?信頼してくれる人なんている?
無資格でパーソナルトレーナーになれるのは事実ですが、無資格のパーソナルトレーナーがお客さんに必要とされるかどうかは、また別の話…。

以下の引用は、無資格のパーソナルトレーナーに関するYahoo!知恵袋の投稿が参考になると思いましたので引用させていただきました。

なぜ、ジムのトレーナーは、大半が、無資格者なのですか?

有資格者がいても、健康運動指導士とかです。

信頼にかけませんか?

引用:Yahoo!知恵袋

このように、ジムに通っている方の中には、パーソナルトレーナーの資格の有無で信頼するかどうかを決定している方もいます。

自分の行ってるジムでは
トレーナーの顔写真と持って資格を張り出してるけど
無資格なんて人はいないし
少ない人でも2つは持っています

あくまでも、あなたの行ってるジムでは
大半のインストラークターが無資格かもしれませんが

他のジムも一緒だと思わんでください

引用:Yahoo!知恵袋

先ほどの質問に対して回答した人は、通っているジムに無資格の人間はいないとまで言っています。

資格の有無がパーソナルトレーナーの信頼につながっているのは確かなようです。

パーソナルトレーナーの資格を認知している人は少ない!

とはいえ、パーソナルトレーナーの資格がどんなものなのか熟知している人なんてまずいないでしょう。

実際に筆者もこの業界について調べるようになる前は、NESTA-PFTだったりNSCA-CPTなんて名前は一度も聞いたことがありませんでしたし、どんな資格なのかもまったく理解していませんでした。

このようにパーソナルトレーナーの資格の認知度が低いことはトレーナーさんもわかっているはず…ではなぜパーソナルトレーナーの資格を取得している人が多いのでしょうか?

無資格のパーソナルトレーナーが少ないのは就職が原因だった!?

パーソナルトレーナーの資格を取る1番の目的は、”パーソナルトレーナーとしての就職や転職に有利だから”なんです。

残念な事実ですが、お客さんのためではなく、パーソナルトレーナーとしてのキャリアアップのために資格を取得する人が多いんですね。

そのため、資格を持っていても実力が伴わないパーソナルトレーナーは数多く存在しています。

そうした事実が明るみになってきており、昨今パーソナルトレーニングジムでは、資格の有無をほとんど重視しない採用方法を取るところもあります。

先ほどのYahoo!知恵袋の質問者さんのように、資格の有無でパーソナルトレーナーとしての信頼度を計るお客さんもいるので、持っていて損というわけではありませんが、パーソナルトレーナーとして活躍するにはもっと大切なことがあります。

パーソナルトレーナーは無資格でも経験が大事!

パーソナルトレーナーは無資格でも経験が大事!
パーソナルトレーナーとして活動するのにもっとも大切なことは、”パーソナルトレーナーとしての経験を積むこと”です。

極論、パーソナルトレーナーの資格を持っていなくても、十分な実力があればお客さんはついてきます。

”パーソナルトレーナーの資格の取得を目指しながら経験を積む”というのが理想ですが、どちらか一方を選ばなければならないのならば、私は経験を積んだ方が良いと思います。

先ほどのYahoo!知恵袋の「無資格のパーソナルトレーナーは信頼に欠けませんか?」という質問には、他にも回答が寄せられていて、

トレーナーは資格で信頼できるか否かは分からないでしょう

引用:Yahoo!知恵袋

このように、資格の有無を信頼の判断材料にしない人がいるのも事実です。

質問者の「信頼に欠ける」と言っていた人も、結局結果が出れば満足してもらえるはずなので、やはりパーソナルトレーナーに必要なのは経験、実力でしょう。

無資格のパーソナルトレーナーが経験を積める方法は?

無資格のパーソナルトレーナーが経験を積める方法は?
無資格でもパーソナルトレーナーとしての経験を積んだ方が良いとお話しましたが、パーソナルトレーナーの経験はどのように積むのが一般的なのでしょうか?

こちらの項目では、パーソナルトレーナーとしての経験の積み方をご紹介します。

【無資格でパーソナルトレーナーになる方法①】ジムでアルバイトから下積みする

まずご紹介するのが、ジムでパーソナルトレーナーとしてアルバイトをする方法です。

アルバイトの求人を掲載しているジムはだいたい”人手不足”の可能性が高いので、無資格や初心者の方でも採用される場合があり、もっとも簡単にジムに所属することができます。

アルバイトなのでお金をもらいながら学べる点も魅力的ですね。

【無資格でパーソナルトレーナーになる方法②】体育系の専門学校や大学に通う

パーソナルトレーナーのキャリアとしてもっとも一般的なのが、体育系の大学や専門学校を卒業することです。

体育系の学校では、実技の講義で技術的なスキルを学べるほか、パーソナルトレーナーに必要な知識を手に入れることもできます。

資格の取得講座や、就職先の斡旋もおこなってくれるので、卒業できれば実力は十分なパーソナルトレーナーとしてデビューできるでしょう!

ジムや専門学校で無資格、未経験の人がパーソナルトレーナーの経験を積むデメリット

 ジムや専門学校で無資格、未経験の人がパーソナルトレーナーの経験を積むデメリット
パーソナルトレーナーの経験を積む方放置して、ジムと体育系の専門学校、大学を紹介しましたが、この2つの方法にはそれぞれデメリットも存在します。

お金をもらいながらパーソナルトレーナーとして勉強できるジムのアルバイトも、卒業すれば即戦力となれる体育系の専門学校や大学も、どちらも非常に魅力的に見えましたが、どんなところがデメリットなのでしょうか?

ジムのアルバイトは無資格、未経験のパーソナルトレーナーだとすぐに活躍できない可能性がある

アルバイトの場合、確かにジムに所属することはできるのですが、最初は書類整理やジム内の清掃などの雑用を任されることもあります。

いわゆる下積み時代ですね。

ジムによってこの下積みはさまざまで、もちろん最初からトレーニングに参加させてくれるところもありますが、長いところでは1~2年実際のトレーニングには参加できないジムも存在します。

また、体育系の学校や資格の勉強をしてからジムに所属した人なら、ある程度パーソナルトレーナーとしてのベースが出来上がっているので問題ないのですが、まったくのパーソナルトレーナー未経験、無資格で入ってしまった人は、アルバイトで入ったジムでの研修=パーソナルトレーナーとして必要な技術、知識、接客方法という考え方になってしまいます。

そうなると、未経験の方は就職、転職などで元いたジムを離れた時、また一から新しいジムで採用しているトレーニングや接客方法を覚えなければなりません。

そのように技術や知識が制限されてしまうのも、ジムでアルバイトをするデメリットです。

すでに就職している人はそもそもアルバイトができないという問題もあり、アルバイトをするには現在勤めている会社をやめる必要も出てきます。

体育系の大学や専門学校でパーソナルトレーナーになるにはお金と時間がかかる

体育系の大学や専門学校は、身につく技術や知識は申し分ないのですが、卒業するまでに2~3年、学費が数百万円かかります。

多額の学費を用意するのも一苦労ですし、パーソナルトレーナーとしてデビューできるのは、入学してから2~3年後になってしまいます。

また、アルバイトとは異なり、会社に勤めながら通うことは可能ではありますが、平日毎日学校に通いながら、学校から出題される課題をこなしたり、試験やテストに合格するための勉強まで行わなければいけないのは、あまり現実的ではないですよね…。

未経験、無資格のパーソナルトレーナーのほとんどは養成スクールに通っている

未経験、無資格のパーソナルトレーナーのほとんどは養成スクールに通っている
即戦力になれず偏った考え方になってしまうアルバイトと、卒業すれば即戦力だけど学費と時間を大量に消費してしまう体育系の専門学校や大学…どちらも大きなデメリットがありましたね。

昨今、そんなデメリットを解消したとある施設が、パーソナルトレーナー未経験や無資格の方に人気です。

それが、パーソナルトレーナーの養成スクールなんです。

テレビでも最近よく取り上げられているので、ご存知の方も多いかもしれませんが、パーソナルトレーナー養成スクールというのは、パーソナルトレーナーになりたい方や、パーソナルトレーナーとしてキャリアアップしたい方が通う、現役パーソナルトレーナーが講師の学校です。

パーソナルトレーナーとしての技術や知識が学べることはもちろん、独立開業の際に役立つパーソナルトレー二ングジムの経営や集客についても学ぶことができます。

パーソナルトレーナーの資格の取得や、就職先のサポートも行ってくれるので、パーソナルトレーナー養成スクールに通えば、即戦力としてのパーソナルトレーナーデビューが叶いやすくなります。

また、専門学校とは異なり、半年程度で卒業できるところがほとんどで、入会から1年以内にパーソナルトレーナーとして活躍することが可能です。

週に1回、休日(土日など)に開講されているところが多く、会社勤めの方や学生でも通いやすい点も評価されています。

週に1回、半年の頻度なので、そのぶん学費も専門学校より割安で、およそ専門学校の2分の1から3分の1程度の費用で通うことができます。

  • パーソナルトレーナーとして即戦力になれる
  • パーソナルトレーナーの専門学校より早く卒業できて安い
  • 社会人や学生でも通いやすい

このような理由から、未経験、無資格からパーソナルトレーナーになりたい人に非常に人気が出てきています。

実際、当サイトのパーソナルトレーナー養成スクールの無料紹介サービスにも毎日多数のお問い合わせをいただいています。

パーソナルトレーナーになるひとつの手段として、パーソナルトレーナー養成スクールも視野にいれてみてはいかがでしょうか?

どのパーソナルトレーナー養成スクールが良いか分からない場合は当サイトのパーソナルトレーナー養成スクール無料紹介サービスをご利用ください!

パーソナルトレーナーズプロスクール紹介サービス
あなたにピッタリのパーソナルトレーナー養成スクールを無料でご提案致します!詳細はこちら!
パーソナルトレーナーズスクールリクルート画像