パーソナルトレーナーの就職でJATIの資格は必要?取得方法や合格難易度も含め、リアルな話を語る!

パーソナルトレーナーって国家資格が必要ない代わりに、かなりたくさんの周辺資格があるんです。

「これから就職してパーソナルトレーナーになりたい!」
「フリーランスとして独立したい!」
という人の多くは、資格取得を1つの目標にする人が多いみたいです。

国内にも数多くの資格がありますが、その中でも有名なものの1つに「JATI」という団体の発行している資格があります。

今回はこのJATIが発行している認定資格の特徴や資格取得のメリット、活用方法などを解説します。

JATIってどんな資格団体?パーソナルトレーナーとはどんな関係があるの?

JATIはどんな資格か?
JATIというのは「JAPAN ASSOCIATION OF TRAINING INSTRACTORS」の略称。

日本語名は「特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会」と言います。  

パーソナルトレーナー関連の資格団体は大半がアメリカを本拠地にしているんですが、JATIはその中でも、日本を本拠地にしているという珍しい団体です。

設立は2006年なので、JATIは比較的新しい団体といえますね。

 

1. 日本の環境や実状に合ったトレーニングの構築

全世界から情報を収集し、日本に適合したトレーニング法や指導法、システム等について会員間で情報交換を行い、より良いものを追求することを目指します。

2.日本におけるトレーニング指導者資格の確立

国内のトレーニング指導者にとって本当に役立つスタンダードな資格の構築を目指します。

3.トレーニング指導者の社会的地位の向上と相互扶助

トレーニング指導者の雇用促進、待遇改善、行動規範や倫理規定の策定などを通じて、社会的地位の向上を目指します。

4.教育・研修、指導者間の交流や情報交換の促進

トレーニング指導者を目指す人を対象とした教育、専門家としてすでに現場で活動している人を対象とした研修や情報交換、会員間の交流などを通じて、互いに向上することを目指します。

国内資格の1つとして認知されているので、パーソナルトレーナーの活動範囲を広げるという目的では意義のある資格といえます。

JATIは理事の中に大学教授や関係者も多く、専門学校でもこの資格の取得ができる認定コースがあるなどの特徴があります。
そうした教育団体と何かしら関わろうとするときの入り口になるかもしれませんね。

JATIが発行している資格3種類の違いは?パーソナルトレーナーになるならどれを目指すといい?


JATIが発行している資格は3種類存在します。
しかし、いずれも競技者・一般人両方のトレーニング指導、体力強化、傷病予防対策を実施する専門家の育成を目的としているのは同じです。

広くトレーニングやスポーツをしている人を対象としたトレーナーの育成を目指しているというのは、資格を細かく分けている他団体とは違う特色といえますね。

JATIの資格は3段階にジャンル分けされています。
その名称は次の通りです。

①JATI-ATI(JATI認定トレーニング指導者)

もっともスタンダード。スポーツ選手や一般人を対象にしています。

②JATI-AATI(JATI認定上級トレーニング指導者)

JATI-ATIの上級資格です。
よりハイレベルなアスリートや、専門機関の教育なども視野にいれてます。

③JATI-SATI(JATI認定特別上級トレーニング指導者)

JATI認定の中で、最上位に位置するものです。
国際レベルのアスリートや、様々なトレーナー職のトップを目指す資格です。

まずはJATI-ATI一択!そのあとで上位資格の取得を考えよう

パーソナルトレーナーを目指すならどのランクを取ればいいの?と気になりますが、まず最初に取得を目指すなら「JATI-ATI」一択です。  

というのも、JATI-AATIを取得するには、JATI-ATI取得後3年以上の実務経験が必要だからです。

そしてJATI-SATIを取得するには、JATI-AATI取得からさらに5年以上の実務経験があり、かつ10年以上運動指導歴や満35歳以上であるなどの条件が設けられています。
とてもじゃないですが、どちらも今すぐ満たせる条件ではありません。

ということで、次からはJATI-ATIの取得に必要な条件、方法を見ていきましょう。

JATI-ATIの資格取得方法を紹介!


さてさて、JATI-ATIの資格取得ですが、JATIのHPを見るとなんかややこしくないかな…?と思うくらい色々と書いているのがわかると思います。

ただ、JATI-ATIの資格取得にともなう条件はとても単純なので、ポイント別にまとめましょう。

①JATIに入会、JATIの個人正会員になる

年会員10,000円(税別)を支払うことで、JATIの正会員になれます。

 
特に条件などは必要ありませんが、学生会員など社会人と学生の区分はJATIにないようですね。

②JATIの養成講習会を受講する+ワークノート(自己学習課題)をこなす

JATIの養成講習会では一般科目15.5時間(2日間)、専門科目15.5時間(2日間)をそれぞれ受講することになります。

 
通常、JATIの養成講習会は、毎年8月前後に実施されることが多いみたいですね。ほとんどは土日、丸一日で行われる日程です。

ちなみに、一般科目は50,000円(税別)、専門科目は55,000円(税別)でそれぞれ受講料が必要になります。

③JATIのトレーニング指導者認定試験を受験する

JATIの養成講習会受講後、10月、11〜12月、3月にそれぞれ行われるJATIの認定試験のいずれかを受験します。

 
問題は全てマークシート形式で、受験料は30,000円(税別)です。

JATIは全3回の試験日程を予定していて、どれかを受けて合格すればJATI-ATIの資格が認定されます。
第1回は全国共通実施、第2回は地区別会場での実施、そして第3回は全国共通実施とそれぞれ違いがあります。

日程が複数あるので、しっかり準備することもできるし、働いている人は都合のいい日程をチョイスできるのでありがたい話ですね。

JATIの「免除制度」とは?

JATIの試験制度では、個々人の状況に応じて養成講習会の受講免除などの措置が取られます。大抵は、JATIが認定している資格を持っていたり、専門学校や教育機関で単位を履修していたりなどが挙げられますね。

これからJATI-ATIを初めて受験するという人で当てはまるケースはあまり多くありませんが、念のためJATI公式ページ(https://jati.jp/license/acquisition.html)をのぞいてチェックしてみるといいでしょう。

JATI-ATIの資格難易度と勉強方法は?

JATI-ATI資格難易度と勉強方法
JATIでは、それぞれの認定試験受験者の合格率をJATI公式ページにて発表しています。
それによると、2016年度に実施したJATI-ATIの合格率はいずれも70%近い数字を記録しています。

この数字は、年度をさかのぼると88%や55%などばらつきもありますが、平均してJATI-ATIは、65%程度の合格率は確保されているようです。
JATI-ATI受験者の大半が合格率できるので、決して難しい試験ではありません。

JATI-ATIを取得するための勉強法ですが、JATIが主催している講習会と関連テキストで予習・復習を行うのが一番でしょう。

また、JATIの養成講習会では自己学習用の課題も与えられるので、これらをしっかりとこなせば、ある程度、JATI-ATIの合格は容易だと思います。

JATIの資格でパーソナルトレーナーの求人は有利になるかどうか

女性パーソナルトレーナー後ろ姿
JATIの資格取得後、多くの方がフィットネスやヘルスケア関連業界に就職したり、キャリアアップを果たしています。
それはもちろん、パーソナルトレーナーも同じです。

では、JATIの資格を取ることは、例えばパーソナルトレーナーの求人で有利に働くのでしょうか?
資格関連でこういう質問を受けることは非常に多いんですが、はっきりと回答するのはなかなか難しいです。

確かにJATIなどの認定資格を取得すれば、未経験かつ無資格者の志望者よりは就職で有利に働くと思います。

しかし、求人応募者にはただの資格所有者より魅力的な人材が多数いるんです。  

いろんな職種やキャリアがありますが、その代表例は「勤務経験者」です。
未経験歓迎と言っている求人はあれど、経験者も普通に応募はしてきます。

あとは、資格を持っているよりも人格を重視するというジムが非常に多いです。

「コミュニケーションが取れる」「身だしなみの意識が高い」「営業経験を積んでいて契約・クロージングに強い」などのスキルは、就職では非常に有利です。

資格がキャリアパスとして有利に働くのは、現時点でパーソナルトレーナーの人だと思います。  

ジムトレーナーからフリーランスや独立をする時、こうした資格は契約先のジムにたいして大きな信用につながりますからね。

JATIや認定資格を取りつつパーソナルトレーナーになるベストな方法とは?

パーソナルトレーナーのトレーニング風景
ジムの採用枠は、大手でない限りごくごく少数です。
その少ない枠を勝ち取る時、JATIなどの資格「だけ」では不安要素が強いと言わざるを得ません。

ただ、ここで資格「だけ」と言っているのには理由があります。
それは、資格取得プラスアルファの経験や知識を得られるような方法を取ることで、就職への道をより確実にできるからです。

その方法はいくつかありますが、就職を勝ち取るという点にフォーカスするなら、最もオススメなのは「パーソナルトレーナー養成スクール」に通うというものです。  

スクールに通うメリットはいくつもあります。
まずは、スクールで資格取得サポートがあるということ。
そして何より、パーソナルトレーナーに必要な技能、知識を実技演習で学べるというものです。

優れた養成スクールは、講師のプロパーソナルトレーナーが講座内容の監修を行なっています。
現場経験+資格などの学術的知識を持った彼らの講義は、独学や資格団体が主催している1日2日の講座では学べない内容が凝縮されているんです。

もちろん、学べるのはトレーニング・食事指導だけではありません。
ジム運営に欠かせない営業や集客、マーケティング方法についても、実体験と知識に基づいた勉強ができます。

  • 資格取得サポート
  • 実践による生きた知識の習得
この2つを持った求人応募者はほとんどいません。
まさに「即戦力」として、パーソナルトレーナー業界の求人市場で名乗りを挙げられるわけです。
 

また、一部スクールにはパーソナルジムと提携し、非公開求人の紹介なども実施しています。
入り口から出口までしっかりサポートされているので、勉強に集中できるのが大きな魅力です。

パーソナルトレーナーになる方法は1つではありません。
今回紹介したJATI-ATIの資格取得も、求人応募をする上で大きなアドバンテージになると思います。

しかし、より効果的にパーソナルトレーナーの求人応募で有利に立ちたい方は、ぜひ一度パーソナルトレーナー養成スクールを選択肢に入れて検討してみるといいでしょう。

トレーナー志望の方向き
無料相談所