健康運動実践指導者を徹底解説!高収入もいるオールラウンダーな資格を紹介

日本では、運動系の団体が発行しているさまざまな資格があります。

その中で、学校や講習会に通えれば比較的簡単に取得できるのが、「健康運動実践指導者」という資格。

この資格は、体や運動、ケガの予防を学ぶのにうってつけなんです!

今回は、健康運動実践指導者がどんな資格で、取得に必要な条件などを解説します!

健康運動実践指導者の役割!健康運動指導士とはどう違う?

健康運動指導士を認定している「公益財団法人 健康・体力づくり事業財団」は、

  • 昭和53年5月1日に設立された財団法人健康づくり振興財団
  • 昭和40年3月24日に設立された社団法人国民健康つくり運動協会

が、昭和56年6月1日に合併して現在の姿となりました。

健康・体力づくり事業財団は基本的に、文部科学省が定める「国の健康・体力づくり施策」に沿った事業活動を推進しています。

健康運動実践指導者の役割

健康・体力づくり事業財団が定める健康運動実践指導者の役割は、次のようなものです。

積極的な健康づくりを目的とした運動を安全かつ効果的に実践指導できる能力を有すると認められる者

端的にいうと、健康運動実践指導者は運動不足や健康づくりのために作成されたプログラムを実践的に指導する役目があります。

彼らは安全な指導を行うために、医学や運動生理学の基礎知識を学び、ダイエットに止まらない健康維持(生活習慣病の予防など)のお手伝いをするわけです。

健康運動指導士との違い

健康運動実践指導者と非常によく似た資格に、「健康運動指導士」というものがあります。

その役割も非常に似ているのですが、微妙に異なる点も。健康・体力づくり事業財団が定めた「健康運動指導士」の役目を見てみましょう。

個々人の心身の状態に応じた、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成及び指導を行う者

簡単に言うと、健康運動指導士は「一人一人のコンディションに応じた安全・効果的な運動プログラムを作れる・指導できる人」。

健康運動実践指導者はプログラムの実践者。
健康運動指導士はプログラムの作成者。

2資格は学ぶことも共通していて、トレーナーの中ではこの2つを一緒にとる人も多いです。

登録者の状況

2019年2月1日現在、健康運動実践指導者は20,332名。健康運動指導士の登録者数は18,031名です(国内のみ)。日本全体で約2万名の有資格者がいるということになります。

健康運動実践指導者の取得方法!2つのルートを解説

健康運動指導士を取得する場合は、次の2つのルートのどちらかを通る必要があります。

ルート1:健康運動指導士養成校を卒業

  1. 健康運動指導士養成校を修了する
  2. 認定試験に合格する(不合格の場合は再受験可能)
  3. 健康運動指導士の登録手続き
  4. 健康運動指導士の称号取得(以降、5年ごとに登録更新が必要)

ルート2:講習会の修了

  1. 受講決定者になり、講習会を受講、修了する(9日間33単位を取得)
  2. 認定試験に合格する(不合格の場合は再受験可能)
  3. 合格
  4. 健康運動指導士の登録手続き
  5. 健康運動指導士の称号取得(以降、5年ごとに登録更新が必要)

健康運動実践指導者養成校は全国に172校ある!

ルート1の健康運動実践指導者養成学校は、財団が認定した大学・短大・専門学校を意味します。

その数は、2016年2月時点で172校。実はこれ、「健康運動指導士養成学校」と微妙に違うんです。

健康運動実践指導者の資格をとるひとは、進路先の養成学校が健康運動指導士も取れるのか、一緒にチェックしておくといいでしょう。

健康運動実践指導者養成講習会の受講資格

健康運動実践指導者を取得する方法の1つに「講習会」があります。講習会を受けるための条件は、次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 体育系短期大学、体育専修学校、もしくはこれと同等以上の学校の卒業者や卒業見込みである
  2. 3年以上運動指導に従事した経験のある者
  3. 運動指導に関連する資格を有する者(エアロビックダンスエクササイズインストラクター、スポーツプログラマー、フィットネストレーナー、ヘルスケア・トレーナー、アスレティックトレーナー、運動普及推進員)
  4. 保健医療に関する資格を有する者(保健師、管理栄養士、看護師、准看護師、助産師、薬剤師、栄養士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、介護福祉士、介護支援専門員、保育士、介護職員実務者研修修了者(ホームヘルパー1級)、介護職員初任者研修修了者(ホームヘルパー2級)
  5. 学校教育に関する資格を有する者(幼稚園教諭、小・中・高等学校教員免許)

ちなみに、この条件は健康運動指導士と一緒です。

健康運動実践指導者養成講習会の内容

健康運動実践指導者の講習会は、合計9日間行われます。

講習会は第I期、第II期、第III期の工程に分かれていて、9日連続で行うわけではありません。

第127回は、2019年8月4日〜6日、8月24日〜8月26日、9月14日〜16日。第III期の最終日に、資格試験がおこなれます。

この9日間で、受講者は次のカリキュラムを勉強します。

  • 健康づくり施策概論(講義2単位)
  • 運動生理学(講義3単位)
  • 機能解剖とバイオメカニクス(講義2単位)
  • 栄養摂取と運動(講義2単位)
  • 体力の測定と評価(講義1単位、実習2単位)
  • 健康づくりと運動プログラム(講義3単位)
  • 運動指導の心理学的基礎(講義1単位)
  • 健康づくり運動の実際(実習13単位)
  • 健康障害と予防・救急処置(講義2単位、実習2単位)

健康運動実践指導者の合格率は割と高め!予習・復習だけ徹底しよう

健康運動実践指導者の合格率は、約70%〜80%と言われています。現役生も一発合格することが多いので、それほど難しい資格ではありません。

健康運動指導士と比較すると、必修単位も少ないため健康運動実践指導者の方がカンタンと言えます。

とは言え、カリキュラムを見ればわかりますが学習範囲は広大。

体作り、健康、指導法、ケガの予防などはしっかり予習・復習をしておかないと、まさかの不合格になるので注意しましょう。

健康運動実践指導者は、試験そのものの難しさよりも受験資格を得るための時間がかかるのがネックかもしれません。

健康運動実践指導者の活動場所!学校関係が多め?

2017年12月時点で、健康運動実践指導者の資格所有者は次のような現場に立っています。

  • フィットネスクラブなど:4,551人
  • 病院など:1,982人
  • 老人介護・保健・福祉施設など:1,631人
  • 健保組合・会社:83人
  • 保健所など:848人
  • 学校関係(学生含む):4,594人
  • フリーで活動:1,690人
  • その他:5,096人
  • 合計:20,475人

やはり多いのは、フィットネスクラブで活動している人です。

インストラクター、パーソナルトレーナー、ジムスタッフなど、フィットネスクラブは幅広い年齢層のお客様と接するため、健康運動実践指導者のような知識があると非常に便利なのでしょう。

それ以外に注目したいのは、学校関係者も多いという点です。学生も含んでの数字ですが、多いのは体育教師の方だと思います。

トレーナーとして活動している人の中には、学校の部活コーチに就任している人も。この資格があることで、子供達の指導もしやすくなるかもしれませんね。

もう1つ注目したいのが、フリー等で活動している人が全体の1割弱いるということ。

こうやって書くと少なく見えますが、1,500人以上の健康運動実践指導者がフリーランスとして活動していると考えると、なかなかすごい数字だと思いませんか?

活動内容はバラバラですが、その中でも「パーソナルトレーナー」は最近増えています。

健康運動実践指導者の収入

やや古い数字ですが、2009年に行われた健康・体力づくり事業財団の調査によると、健康運動実践指導者の年収は、次のようなものでした。

  • 200万円未満:27.6%
  • 201万円~400万円:34.7%
  • 401万円~600万円:13.2%
  • 601万円~800万円:3.8%
  • それ以上・不詳・無回答:20.8%

 

200万円〜400万円がもっとも多いのは、フィットネス業界の平均年収と同じ分布です。

健康運動実践指導者で高収入の人は何をやっている?

ここで注目したいのは、年収800万円に届く人や、それ以上の回答をしている人の存在です。

彼らの現在の職種は不明ですが、おそらく次のようなものになるでしょう。

  • スポーツ実業団チーム、プロスポーツチームの専属トレーナー
  • フリーランスの人気トレーナー
  • 後進の指導や講師業を行なっているトレーナー
  • 独立・開業して自分のジムを持っているトレーナー

こうした仕事で活躍している人の特徴は2つ。1つはマーケティングスキルが優れた起業家・経営者であること。

もう1つは健康運動実践指導者だけでなく、柔道整復師などの国家資格や、NSCA-CSCSなどさらに専門性の高いフィットネス系資格を持っているプロフェッショナルであることです。

今後フィットネス業界、健康産業で高収入を狙いたい人は、この2つのどちらか、あるいは両方でスキルアップできるようにしましょう。

まとめ

健康運動実践指導者は、フィットネス系の民間資格と比べてやや地味な印象があります。

しかし、この資格を取る過程で他の国家資格や、専門性の高い知識を学ぶことも可能です。

これから学校進学を控えている人、フィットネス系の資格を取ろうと思っている人は、ぜひ健康運動実践指導者を学ぶことを候補の1つにしてみてください!

トレーナー志望の方向き
無料相談所