未経験からパーソナルトレーナーに就職したら、どんな研修が受けられる?4つのポイントで紹介!

パーソナルトレーナーの求人ページを見ると、「未経験歓迎!」と書かれていることが多いですね。

パーソナルトレーナーは特別資格の必要なく、トレーナーやスポーツ経験がない状態からこの職業に就いた人も少なくありません。

とはいえ、何も知らない状態からいきなりトレーナーデビューするということも、もちろんありません!

パーソナルジムなどに就職したら、まずは様々な研修を受けることになります。  

じゃあ、具体的にどんな研修を受けられるのか?

今回は、主だった4つの研修内容から、パーソナルトレーナー未経験の方が就職後、どんな教育を受けるのか解説しましょう。

パーソナルトレーナーの研修①トレーニングメソッド・体の知識

パーソナルトレーナーの研修トレーニングメソッド
パーソナルトレーナーはその名の通り、個人のお客様にトレーニングなどを施す仕事です。

そのため、パーソナルトレーナーの研修で第1に勉強することとなるのは、具体的なトレーニングメソッドになります。

BIG3に代表される、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトをはじめ、自重トレーニングやウェイトトレーニングなど、トレーニングの種類は多種多様です。

こうしたトレーニング種目の正しい実施方法や、仮にお客様のフォームが間違っていた場合、どのように修正するのかをパーソナルトレーナーの研修で学びます。

場合によっては、間違ったフォームを生んでいる原因を突き止め、代わりのトレーニングを行うというケースもあるでしょう。

どのお客様にどんなトレーニングを行うのが適切かを、1から研修で勉強するというわけですね。

また、トレーニング手法と合わせて、パーソナルトレーナーとして最低限知っておきたい体の知識も、研修で勉強することが多いです。

体の知識というのは、学術的に言えば、解剖学や運動生理学などが当てはまります。

筋肉が骨・関節をどのように動かしているのかという仕組みや、各部位にある筋肉が、どのような役割を持っているのかを知ることで、トレーニングの選択がしやすくなるだけじゃなく、悪い癖が出ているお客様の動きに対して、どんなアプローチが必要かを判断しやすくなるんです。

パーソナルトレーナーの研修②食事指導

パーソナルトレーナーの研修食事指導
パーソナルトレーナーにとって、トレーニングと対になる大事な要素が、食事指導です。  

パーソナルジムへ訪れるお客様の目的は、ほとんどがダイエット。

その目的達成に向けて、パーソナルトレーナーの研修では、どんな食生活を送ればいいのか、細かくアドバイスすることを学びます。

この時、学ぶことになるのが栄養学や生理学です。

栄養学とは、簡単にいうと、私たちが日々食べている食材がどんな栄養を持っていて、それをどんなバランスで食べるべきかについて学べる学問です。

最近では「糖質制限」が流行っていますが、糖質、炭水化物は人体を動かすエネルギー源であり、筋肉の合成などにも関わる非常に重要な栄養素です。

極端に摂取制限をすれば、体のバランスを崩して体調不良になりやすくなります。

こうした事実のほか、五大栄養素の特徴や、食事の摂り方の基本中の基本を研修では学ぶというわけです。

それに対して生理学というのは、簡単にいうと「体の中で起きる現象」を勉強する学問です。

もっとざっくりいってしまえば、内臓の働きですね。

肝臓や胃、腸などの役割を学びます。

この時、それぞれの内臓がよく働く時間帯なども、パーソナルトレーナーの研修で勉強することが多いです。

こうした働きをあらかじめ知っておくと、朝・昼・夜に食べた方がいいもの、避けた方がいいものを理論的に説明できるようになります。

パーソナルトレーナーの研修③カウンセリング・コミュニケーション

パーソナルトレーナーの研修コミュニケーション
パーソナルトレーナーの仕事は、「トレーニング指導」と「食事指導」の2つが大きな軸になっています。

しかし、この2つさえできればいいというわけでもありません。

研修では、さらにカウンセリング、コミュニケーションという2つの要素を学ぶこともあるでしょう。

それぞれどんなものなのか、具体的に説明します。

カウンセリングはお客様からの信頼獲得、成約に不可欠

パーソナルジムの多くは、パーソナルトレーナーがスタッフも兼務しています。

そのため、無料カウンセリングなどをきっかけに、見学に訪れたお客様の対応を行う場合があります。

この無料カウンセリングは、ジムにとって数少ない営業機会の1つです。

ここでお客様からの信頼を勝ち得て、さらにパーソナルジムで用意している各コースへの申し込み=成約までにこじつけるということは、売り上げに直結します。

まさに、ジムの存続にさえ関わる業務です。

そのため、各ジムはどのようにお客様のヒアリングを行うか、そして的確なアドバイスやジムへの関心を高めていただくかについて、常に頭を捻らせています。

コミュニケーションはお客様の継続率、モチベーションアップに不可欠

対して、コミュニケーションは入会したお客様が、継続して通っていただくために必要です。

フィットネスクラブに入会したものの、幽霊会員になってしまうという方が結構います。

クラブ側にとっては、入会している限り会員費を徴収できるのでさほど問題ないですが、パーソナルジムでこれが起きると、死活問題につながるんです。

入会したお客様の目的を達成できなかった、結局、挫折してしまった。

こういった結果が増えれば増えるほど、「あのパーソナルジムは、信頼できないかも…?」となり、どんどん客足が遠のいてしまいます。

逆に、お客様が常に高いモチベーションを抱けるよう、あるいは「ここのジムに通うのは楽しい!」と思ってもらえれば、お客様の目的達成にも近づけるし、そのお客様から新たなお客様の紹介をもらえるかもしれません。  

たかがコミュニケーション、されどコミュニケーション。

パーソナルトレーナーはサービス業ですから、この要素は外せないんですね。

パーソナルトレーナーの研修④ジム運営のノウハウ

パーソナルトレーナーの研修ノウハウ
中小規模のパーソナルジムの場合、1つの店舗を3〜5人、あるいはもっと少ない人数で運営することが珍しくありません。

そういうケースの場合、研修ではジムを運営する上で欠かせないノウハウも学ぶことがあります。

受付業務や備品点検など雑務も多いですが、中でも高いウェイトを占めるのが、集客のための広告戦略です。

代表的なのは、SNSやネットを通じての情報発信ですね。

フリーのパーソナルトレーナーは、facebookやinstagramで人脈形成、ブランディング構築することが多く、中小ジムもこうした活動を行う場合が多いです。

その時、ジム代表だけでなくパーソナルトレーナーであるスタッフも、様々な投稿を任されたり、時にはSNS広告を考えたりする場合があります。

仕事上、複数のアカウントを持っている人も多いですね。

こうした発信の重要性を、研修で学びます。

未経験者のパーソナルトレーナーへ実施する研修のレベルは、ジムでまちまち

パーソナルトレーナーの研修はジムによってレベルが違う
未経験のパーソナルトレーナーが受ける研修の内容は、主にこの4種類が中心だと思います。

ただ、未経験からパーソナルトレーナーになって研修を受ける時、1つ問題があります。

それは、「パーソナルトレーナーとしての習熟度が、そのジムの研修レベルに左右されかねない」という点です。

色々と研修内容を書きましたが、パーソナルジムが行う研修のレベルは、かなりばらつきがあります。

その内容は大抵、社外秘のため詳細はわかりませんが、研修レベルがあまりに低いせいで、お客様にとんでもない指導を行うトレーナーも少なくありません。

  • とにかくトレーニングがBIG3を、限界ギリギリのウェイトで追い込む!
  • 食事指導は徹底的なカロリー制限!糖質はほぼ摂取せずにタンパク質を食べまくろう!
  • ダイエットに失敗したのは、あなたが仕事の付き合いでアルコールを飲んだせい!私たちは悪くない!

文字にすると本当にひどいですが、現実にこうした指導を行なっているトレーナーの話を、耳にしたことがあります。

こうしたむちゃくちゃな方法でも、痩せることができる方は確かにいます。

しかし、2ヶ月の短期コースを終えた途端、これまでのストレスフルな生活から開放されたとばかりに、暴飲暴食に走ってしまう人が後を絶ちません。

その結果、待っているのがリバウンドです。

未経験からパーソナルトレーナーになった!という点で、1つの目標は叶うかもしれませんが、本当に大事なのは「なってからどうするか」ということでしょう。

それを、まだ見ぬジムの研修に左右されてしまうのは、結構怖いことだと思いませんか?

パーソナルトレーナー養成スクールのカリキュラムは、最高の研修プログラム

パーソナルトレーナースクールのカリキュラムは最高の研修
「じゃあ、未経験でもレベルの高いパーソナルトレーナーになれるような研修を行なっているジムって、どこ?」

そういう質問が自然と浮かぶでしょう。

そこで私がオススメしているのが、パーソナルトレーナー養成スクールです。  

なんだ、ジムじゃないのか…、と思わないでください。

現在全国主要都市を中心に開校されているスクールは、多くのパーソナルジムから高い評価を受けるほど、超ハイレベルなカリキュラムを組んでいるんです。

座学は、先ほど伝えた解剖学、運動生理学、栄養学に基づいた、最新の理論による授業が行われ、そこで学んだトレーニング方法や指導法を、実際の実技演習で体に叩き込みます。

定期的に行われる試験も、非常にレベルが高いです。

こうしたスクールと提携しているジムからは、パーソナルトレーナー養成スクールの内容は、最高の研修プログラムだと認識されています。

業界も認めるそのカリキュラムを修了した生徒さんは、即戦力として評価されます。

そのため、スクール卒業生は、提携先のジムの求人募集に対して、優先的に応募ができるという特権もあるほどです。

せっかくパーソナルトレーナーの道を目指すなら、より高みを目指してみませんか?

ぜひ1度、みなさんの自宅や職場近くにパーソナルトレーナー養成スクールがないか、探してみてください。

トレーナー志望の方向き
無料相談所