パーソナルトレーナー養成学校・スクールに入るメリットと入学金について
パーソナルトレーナーの養成スクールってご存知ですか?  

名前の通り、パーソナルトレーナーとして必要な技能や知識を学び、業界でも活躍できる人材を育成するための学校です。

現在、私はパーソナルトレーナーになりたいという方から相談を受けた時、まずはこのパーソナルトレーナー養成スクールへ通うことをオススメしています。

それは、パーソナルトレーナー養成スクールには4つの大きなメリットがあるからなんです。

そのメリットについてや、学校に入るためにどれくらいの入学金などがかかるのかをお話します。

パーソナルトレーナー養成スクール・学校に通うメリット①学術的な知識を学べる!


パーソナルトレーナー養成スクール、学校に通うメリットでやはり最初にあげるものは、トレーナーに欠かせない知識を身につけることができるという点です。

これを話すと、例えば週5〜6日でジムトレーニングに励んでいるトレーニング中級者〜上級者の方からはこんな質問が投げかけられることがあります。

「私は結構トレーニングに関する知識は豊富だと思っているんですが、それでは難しいのでしょうか?」

この質問に対して、私は毎回「はい。その知識だけでパーソナルトレーナーになっても、100%挫折します」とお伝えしています。

それはなぜか?ここでいうパーソナルトレーナーの知識は、みなさんが想定しているものと全く異なるからです。

パーソナルトレーナー養成スクール、学校で学ぶ「知識」というのは、機能生理学や解剖学、栄養学など非常にアカデミックなものです。

いずれも最新の学説や理論に基づいた、かなりボリュームのある講義内容を受けることになります。

その他、パーソナルジムの運営に伴う集客や契約に伴う話なども、スクールや学校では勉強します。

この点はひとまず置いておくとして、なぜこうしたアカデミックな勉強がパーソナルトレーナーに欠かせないのか、少し触れたいと思います。

知識に裏付けされていないパーソナルトレーナーはすぐに淘汰される


パーソナルジムにやってくるお客様は、10代〜60代まで非常に幅広い世代の方々です。

私の知るトレーナーの方には、最年長で80代のおじいちゃんへの指導をしたというケースもあります。

これだけ幅広い世代のお客様がいるなら、その目的もダイエットや競技力向上、健康増進と様々。もちろん、その度合い(何kg痩せたいか、全国大会で優勝したいなど)も全く違います。

先ほどの質問者のようなウェイト中心のトレーニングしか知らない人の場合、自分と同じような世代、性別、体力、目的意識のお客様にしか効果的な指導ができなくなってしまいます。

これでは、仮にトレーナーになっても集客がうまくできなくなったり、他のお客様からの信頼を失ったりして、早々に行き詰まることになるでしょう。

少し厳しい言い方になりましたが、近年パーソナルトレーナーへのニーズの増加とともにトレーナーが急増した一方で、十分な知識・技能を持っていないにわかパーソナルトレーナーが非常に増えました。
 

そうした現状だからこそ、パーソナルトレーナー養成スクールでしっかりと基礎を作り上げた方がいいと伝えています。

パーソナルトレーナー養成スクール・学校に通うメリット②実技演習で「即戦力」の実力を身につけられる

即戦力のあるパーソナルトレーナー
さて、先ほど紹介した座学での知識ですが、例えばパーソナルトレーナーの認定資格を発行している団体の勉強などを通じてでも、学ぶことは可能です。

事実、独学で資格を取って、その上でトレーナー職に就いたという人もいますしね。

しかし、パーソナルトレーナー養成スクール・学校では、こうした知識を実技演習、実習を通して学べるという大きなメリットがあるんです。

2人1組のペアを作り、ストレッチや姿勢の歪みチェック、トレーニングフォームの改善から声がけまで。

こうした行動の1つ1つを学校の講師にチェックしてもらいながら、反復練習で学ぶ機会というのは、1人ではほとんど不可能です。

人体に直接触りながら筋肉、骨、関節の挙動を確認し、フォームが崩れているのはどういう状態か、逆に正しい状態はどんな状態なのかを確かめることで、座学では到底得られない経験値を手にすることができます。

パーソナルジムと提携しているスクール・学校が増えている

近年、パーソナルトレーナー養成スクール・学校の多くは就職先となるパーソナルジムと提携しているケースが増えています。

パーソナルジムにとって、人材獲得と共に「人材育成」というのは大きな悩みのタネです。

よほど大きなジムでない限り、一度の求人募集で採用する人数は1〜2人。5人以上雇うというケースはほぼありません。

その中で募集者から優秀な人材を選び出し、そして3ヶ月〜半年程度の研修でトレーナーの育成をすることになります。

求人採用は大きなコストがかかります。しかも、ただでさえ人手不足で人材を求めているのに、採用した人材の育成でもさらに人手と労力、そしてコストがかかってしまうという有様です。

こうした課題を常に抱えているパーソナルジムの多くが、現在パーソナルトレーナー養成スクール・学校の教育システムに大きな期待を寄せています。

そのことが、後述するある大きなメリットに繋がっているんです。

パーソナルトレーナー養成スクール・学校に通うメリット③認定団体の資格取得をサポート!

NESTA-PFT資格
パーソナルトレーナー養成スクール・学校の多くは、認定団体の資格取得のサポートも同時に行なっています。

パーソナルトレーナーを名乗る上で、特別な国家資格や民間資格というのは必要ありません。現在活躍されているパーソナルトレーナーでも、無資格という方はかなりいます。

しかし、資格を持っていることでお客様からの信頼も得られやすい他、独立してフリーランスになる時も資格があれば集客や外部との委託契約を結びやすくなるなど、多くのメリットがあるんです。

独学でパーソナルトレーナーの勉強をする人の場合、ほとんどが資格取得を1つの目標に掲げます。

しかし、資格を持っていても実践経験がない場合、就職時にはあまり大きなアドバンテージになりません。

パーソナルトレーナー養成スクール・学校には、そんな知識と実践の両翼がバランスよく備わっているというわけです。

パーソナルトレーナーを目指すなら知っておきたい、3つの団体と資格

パーソナルトレーナーに関連する資格団体は非常にたくさんあり、その資格数も多種多様です。しかし、トレーナーになるならこれだけは知っておくべきというものも存在します。

ここでは、名前と資格名だけご紹介しておきます。資格に関連する記事も書いているので、よければそちらもご覧になってみてください。

  1. NSCA(資格名:NSCA-CPT)
  2. NESTA(資格名:NESTA-PFT)
  3. JATI(資格名:JATI-ATI)

パーソナルトレーナー養成スクール・学校に通うメリット④非公開のジム求人を紹介してもらえる!?

非公開のパーソナルジムの紹介
「パーソナルトレーナーになりたい!」という夢を持っている人にたいして、<strong>パーソナルトレーナー養成スクール・学校をオススメする理由の中でも、最重要と言っていいのがこの「就職サポート」[/color]です。
 

パーソナルジムがパーソナルトレーナー養成スクール・学校と提携しているのは、先ほどお伝えした通りです。

そしてスクール・学校には「非公開型求人」という名目で、ジムの求人募集の独自情報が集められているんです。

スクール生で強い就職希望を持っている生徒に対して、スクール・学校はジムと相談の上、実際に就職面接までの段取りをつけてくれるというのが、この就職サポートの中身です。

近年求人サイトや転職サイトでも、パーソナルトレーナーの募集ページが多く見られるようになりました。

その大半は、「未経験歓迎」の文字があり、それを見て「私でもパーソナルトレーナーになれるのかも!」という夢を抱く方がたくさんいます。

しかし、ネット上で目につく情報というのは、それだけ数多くの人々がその情報へたどり着いているということ。

当然そこには多くの求人応募者が殺到し、その中にはトレーナー経験者など非常に手強いライバルも出てくるでしょう。

その点、パーソナルトレーナー養成スクール・学校が持っている求人情報は、あくまでスクール生に用意されたものです。

しっかりと成績を残し、スクール側から高い評価をもらえることができれば、それだけ就職への大きな足がかりとなります。

そうなれば、みなさんは「死ぬ気でトレーナーとして欠かせない知識・スキルを学校で勉強すること」という一点に集中できます。
物理的にも精神的にも、これだけ素晴らしい環境はないだろうと、私は断言できます。

パーソナルトレーナー養成スクール・学校の気になる入会金は?分割はできるの?

パーソナルトレーナー養成スクールの入学金は?
さて、パーソナルトレーナー養成スクール・学校の魅力はたっぷり話したところで、気になるのは「入学金」です。

主要都市を中心に展開しているスクール・学校から、いくつかをピックアップしてみました。

スクール名開校期間入学金
Aスクール半年間52万円
Bスクール4ヶ月間40万円
Cスクール半年間60万円
Dスクール半年間60万円

このように、多くのスクール・学校が約半年という期間設定で、入学金は50万〜60万円程度というのが一般的のようですね。

各スクールにはリクルーティング制度を利用できない割安プランなどもあるのですが、今回はあくまで就職サポートというメリットを考えているので、そちらは記載していません。

月々15,000円前後の分割払いにも対応!

将来的な見通しを考えると、この金額は全く高くはありません。いや、むしろかなり費用対効果の良い投資だと思います。

しかし、そうはいってもやはりこの金額をいきなりポンと払うのはきついな…と思う人は多いでしょう。

そうした方々のために、パーソナルトレーナー養成スクール・学校の多くは月々15,000円前後からの分割払いに対応しています。

分割払い以外にも、現金払いやクレジットカード決済、現金とクレジットの併用払いなど、以外と支払い方法は幅広いです。

今回の話を受けて、パーソナルトレーナーになるために養成スクール・学校を意識した人も多いんじゃないでしょうか。

まずはご自宅や学校、職場の近くにどんなスクール、学校があるのか、一度調べてみましょう。それがきっと、今後の将来を大きく変える一歩になるはずです。

トレーナー志望の方向き
無料相談所