現役パーソナルトレーナーが語るやりがい!やっててよかったと思う瞬間TOP3

どんな仕事・アルバイトも、やっててよかったと思う瞬間ってありますよね。

パーソナルトレーナーも同じで、「ああ、この仕事をやっていてよかったなあ」とやりがいを感じる時はたくさんあります。  

今日はパーソナルトレーナーのやりがいとは?

というテーマで、私が思うこの仕事をやっててよかった!とやりがいを感じる瞬間TOP3をお届けします。

パーソナルトレーナーのやりがいを感じる瞬間〜お客様の目標達成に立ち会えた〜

パーソナルトレーナーのやりがいを感じる瞬間
パーソナルトレーナーの仕事というのは、食事や運動を通じてお客様のニーズを叶えることにあります。

当然、その目的は様々です。

例えば、ダイエットをしておしゃれを楽しみたい!とか、メタボ対策のために運動したい!とか、今度の大会でいい成績を残せるよう、パフォーマンスアップをしたい!などなどですね。

こうした方に対して、パーソナルトレーナーは約2ヶ月ほどの期間で様々な指導を行います。

「トレーニング」と「食事」と一言で言っても、性別・年齢・運動習慣や持病などで、アプローチの方法は全く違います。

その方によって、どんな器具を使うか、食習慣はどう手を加えるか。

この辺りの方法論を的確に導き出すというのは、パーソナルトレーナーの腕の見せ所でもありますね。

色々と考えた末に導き出した方法を提供したとしても、効果の表れ方は人それぞれです。

しかし、初めは自重のスクワットすらまともにできなかった方が、トレーニング終盤では50kg荷重のバーベルで30レップの運動ができるようになっているのを見ると、おお成長した!と感じさせますね。

もちろん、そうした重量をあげることが目的ではありませんが、これくらい運動機能が向上しているころには、体もかなり変わっています。

中には、体重が15kg以上痩せるひとも珍しくありません。

そうした、お客様の変身や目標達成というのが目に見える結果で表れます。

そのお手伝いができた時パーソナルトレーナーという職業のやりがいを強く感じますね。

パーソナルトレーナーのやりがいを感じる瞬間〜〇〇さんに任せてよかった〜

パーソナルトレーナーのやりがい
パーソナルトレーナーは、究極の接客業と言える職業です。

マンツーマン、二人三脚で目標達成のお手伝いをするので、お客様からしたら「〇〇ジムにお世話になっている」という感覚よりも、「トレーナーの〇〇さんにお世話になっている」という意識の方が強いでしょう。

一般的な2ヶ月16回のパーソナルトレーニングを通じて、体には様々な良い変化が起こります。

それは減量などダイエット成功!という結果で現れることもあるし、パーソナルトレーニングで痩せたり運動機能がアップしたことで、今まで感じられることのなかったスポーツの楽しさに目覚めたという人もいます。

運動と食事改善によって睡眠の質が上がり、疲れが残りにくくなったという方も多いです。

こうした方々の多くは、2ヶ月のコースの終わりに「ああ、今回〇〇さんに任せてよかったです」と、お礼を言ってくださることがあります。

この言葉は、パーソナルトレーナーにとって何よりのご褒美、やりがいを感じる瞬間です。

中には、2ヶ月のコース終了後も継続して週1回程度の運動指導を申し込んでくれる方もいたり、身の回りで体について悩んでいる方を連れてきてくれることもあります。

こうした、人間関係の好循環が起きると、心身ともにトレーナーという仕事がとてもやりやすくなります。

まさに、パーソナルトレーナーが究極の接客業である所以ですね。

パーソナルトレーナーのやりがいを感じる瞬間〜お客様の人生が変わる瞬間に立ち会えた〜

パーソナルトレーナーのやりがい人生が変わる瞬間に立ち会えた

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

この名言を聞いたことがある人は多いでしょう。

元野球選手の松井秀喜さんが座右の銘にしていた言葉ですが、もともとは哲学者である、ウィリアム・ジェイムズという方の言葉です。

パーソナルトレーニングを通じて、お客様の多くは「食事って、実はもっと自由なものなんだ!」「運動って、本当は楽しいものなんだ!」と、意識を大きく変えます。

ダイエットによって体系も変わることで自信がつき、外に出かける機会も増えます。

すると、今まで興味はあったけどなかなか踏み入れることができなかった、習い事やスポーツを始める方が多いんです。

こうした行動・習慣が変わると、今までとは違う人間関係が生まれたり、ストレスをうまく発散することができ、性格にもいい影響があります。

そうやってプラスのサイクルが回ることで、素敵な方と出会ったり、あるいは念願の職業に就いたりなど、人生が好転することも。

大げさな書き方をしていますが、こうしたストーリーを辿った方って、結構多いんです。

事実、ダイエットに成功した方が、その後様々な活動に精力的に参加するようになり、結果運命の相手と出会って結婚したというケースがあります。

その方を指導していたパーソナルトレーナーは、彼女の結婚式に招待されたんだそうです。

パーソナルトレーナーの職業は、お客様の人生を変えることさえ不可能ではありません。  

そう考えると、パーソナルトレーナーという職業にものすごいやりがいを感じますね。

パーソナルトレーナーはごまかしがきかないからこそ、やりがいがある

パーソナルトレーナーはごまかしがきかないからやりがいがある
パーソナルトレーナーのやりがいを感じる瞬間を3つほど紹介しました。

パーソナルトレーナーは、お客様と非常に密着した関係を構築することで、他の職業ではなかなか感じられない充足感や、達成感、やりがいを得ることができます。

私自身、パーソナルトレーニングが終わった後も、様々な報告をしてくれる方は少なくありません。

ただし、そういったやりがいを感じる一方で、パーソナルトレーナーという職業には「ごまかしがきかない」という事実にも、向き合う必要があるでしょう。

パーソナルトレーナーという職業は特別な国家資格などは必要ありませんが、紛れもなく専門職です。

お客様の体の状態を把握したり、食生活の問題を的確に見抜くためには、筋肉、関節、食事、栄養などについて高い見識が求められるでしょう。

また、正しいトレーニングフォームを理解した上で、お客様が間違ったフォームを行なっている場合、その原因を正確に理解しなくてはいけません。

筋力不足なら代替トレーニングを選択する必要がありますし、お客様の体の歪みが原因であれば、部位別にストレッチ、筋膜リリース、マッサージなどを行う必要もあるでしょう。

ゴリゴリに追い込むウェイトトレーニングや、超過酷な食事制限で、一時的に痩せることはできます。

しかし、それではお客様にとって、パーソナルトレーニングがただ辛い時間だったという思い出にしかならないでしょう。

これでは、トレーニング後も運動に取り組んだり、正しい食事を楽しんだりすることはできません。

マンツーマンで接する以上、そのパーソナルトレーナーの実力が、お客様の効果に直結します。

だからこそ、パーソナルトレーナーという職業に就くからには、それ相応の知識と実力を身につけるべきでしょう。

厳しい書き方になりましたが、パーソナルトレーナーはノウハウやスキルの蓄積が、顧客満足度や収入に直結します。

ごまかしがきかないからこそ、やりがいのある職業なんです。

やりがいが感じられるパーソナルトレーナーになるために必要な知識は、スクールで身につけよう

やりがいを感じるパーソナルトレーナーの知識はスクールで
パーソナルトレーナーのやりがいには、それ相応の知識とノウハウが不可欠です。

じゃあ、それらを身につけるにはどんな方法があるでしょうか?

現時点で、パーソナルトレーナーとしての地力を高めるのに最適な方法は、パーソナルトレーナー養成スクールだと思います。

パーソナルトレーナー養成スクールというのは、週1回、半年程度の時間を使って、パーソナルトレーナーに欠かせない理論や技術を学ぶことができる学校です。

パーソナルトレーナー養成スクールは主に座学・実技で行われます。

座学では最新の学術理論を活用して、解剖学や機能生理学、栄養学に基づいた体の勉強を行います。

そして、実技ではお客様の体の歪みチェックから、トレーニング指導、マッサージ、食事指導など実践的な方法を学べるんです。

これらは、全て現役かつトップの実力を誇る、パーソナルトレーナーを講師に招いて行います。

現場の経験と一流の知識を学べるという点では、どのパーソナルジムの研修と比較してもハイレベルな授業と言えますね。

入学金はかかりますが、ほとんどのパーソナルトレーナー養成スクールでは、月1万円代からの分割払いを適用しています。

パーソナルトレーナーは専門職です。

だからこそ、いきなり未経験な状態から飛び込むよりも、その業務を直に体感できる場所で実力を積む方が、将来的に大きな影響を持ちます。

このサイトでは、全国にある主なパーソナルジムの一覧を用意しています。

パーソナルトレーナーのやりがいを感じられる存在になりたいと思う方は、ぜひ一覧をチェックしてみてください!

トレーナー志望の方向き
無料相談所