理学療法士のパーソナルトレーナーの仕事内容と給料、需要はあるのか詳細にご紹介します!

最近、「理学療法士の資格を持っていて、将来パーソナルトレーナーになりたい」というお問い合わせを多くいただいています。

この記事に興味をお持ちの方の中にも、

「理学療法士の資格を持っていてパーソナルトレーナーになりたい」
「理学療法士のパーソナルトレーナーの仕事内容が知りたい」
「理学療法士のパーソナルトレーナーの給料が知りたい」

と思っている方もいらっしゃると思います。

今回は理学療法士の資格を持っていてパーソナルトレーナーになりたい方のために、

  • 理学療法士のパーソナルトレーナーの仕事内容
  • 理学療法士のパーソナルトレーナーと普通のパーソナルトレーナーの給料の違い
  • 理学療法士のパーソナルトレーナーとして活躍する方法

についてご紹介します!

パーソナルトレーナーとしての経験を積む方法なども合わせてご紹介しているので、

「理学療法士の資格を持っているけどパーソナルトレーナーの経験はないし…。」

と、自信のない方にも参考にしていただければ幸いです。

理学療法士のパーソナルトレーナーの求人は多い?少ない?

理学療法士のパーソナルトレーナーの求人は多い?少ない?
まずは国家資格である理学療法士の資格を保有しているパーソナルトレーナーの求人数についてご紹介します。

理学療法士の資格を持った方は、本来のパーソナルトレーニング以外にも、医学に基づいたマッサージやストレッチ、リハビリなどをおこなうことができます。

それは理学療法士の資格を持たないパーソナルトレーナーにはできない行為なので、理学療法士がジムに1人在籍しているだけで、

  • ケガのリハビリをしたい
  • 加齢による障害を改善するマッサージやストレッチをしたい

というニーズを持ったお客さんも集客することができるようになるため、パーソナルジムにとっては非常に貴重な存在です!

このような理由で、理学療法士の資格を持っている方は、資格を持たないパーソナルトレーナーに比べて求人数が多くなる傾向があります。

理学療法士のパーソナルトレーナーの仕事内容!時には出張に行くことも?

理学療法士のパーソナルトレーナーの仕事内容!時には出張に行くことも?
理学療法士の資格を持つパーソナルトレーナーの求人数が多いと言っても、基本的な部分は普通のパーソナルトレーナーと変わりません。

基本的な仕事内容は、

  • セッション(トレーニング)を行う
  • 食事指導を行う
  • クライアント(お客様)が望む目標を達成する

ことです。

理学療法士として専門的な仕事だけを任されると思っていた方もいらっしゃるかもしれませんが、

パーソナルトレーナーの業務に加えて理学療法士としての業務

を行うというのが、理学療法士の資格を持つパーソナルトレーナーの仕事です。

そのほかにも、通常の業務に加えて、

  • ケガをしていてジムまで行くことができない
  • 加齢で家から出ることができない

など、さまざま理由で出張でしか対応できない方のところへ伺い、理学療法士としてのリハビリやストレッチなどを行うことがあります。

このように、理学療法士の資格を持つパーソナルトレーナーでしか対応できないこともあり、大変重宝されます。

普通よりも仕事が多い理学療法士のパーソナルトレーナーだけど給料は変わらないって本当?

普通よりも仕事が多い理学療法士のパーソナルトレーナーだけど給料は変わらないって本当?
理学療法士の資格を持たないパーソナルトレーナーよりも出張やリハビリ、マッサージなど、仕事が多い理学療法士の資格を持ったパーソナルトレーナー。

資格の有無で給料に違いはあるのでしょうか?

理学療法士の資格を持ったパーソナルトレーナーの給料ですが、残念なことに「時給1,000円〜」や「月給18万円〜」など、資格を持たないパーソナルトレーナーとまったく差がありません。

普通のパーソナルトレーナー以上に専門的な知識があり、出張トレーニングなどの業務も加わる理学療法士ですが、なぜ給料が変わらないのでしょうか?

その理由について詳しくご紹介します。

理学療法士のパーソナルトレーナーの需要は実はそこまで高くない

リハビリやストレッチのために来店するお客様もいますが、お客様がパーソナルトレーナーに求めているのはパーソナルトレーニングです。

そのため、ジム側が本当に欲しい人材は、ただ理学療法士の資格を持っている方よりも、パーソナルトレーナーとしての実力や実績がある人です。

また、そもそも理学療法士という資格の価値はなかなか理解されておらず、「理学療法士は希少だから高い給料を支払う」という考えを持っていないジム経営者も多くいます。

もし理学療法士の資格を持っている方がパーソナルトレーナーとしての収入を上げたいと思ったら、

  1. 理学療法士の認知度、価値をパーソナルトレーニング業界に知ってもらう活動をする
  2. パーソナルトレーナーとしての実力をつける

このどちらかの方法しかありません。

さすがに個人の力で理学療法士の資格を持ったパーソナルトレーナーの価値を向上させるのは難しいです。

給料を上げるにはパーソナルトレーナーとしての実力をつけるしかないでしょう。

理学療法士のパーソナルトレーナーとして活躍するためには?どうやって経験を積む?

理学療法士のパーソナルトレーナーとして活躍するためには?どうやって経験を積む?
パーソナルトレーナーとして活躍するにも、給料を上げるにも、経験を積むしかありません。

パーソナルトレーナーとしての経験を積むには、以下の3つの選択肢があります。

  1. パーソナルトレーナーとしてジムでアルバイトをする
  2. パーソナルトレーナーの専門学校や体育系の大学、短大に通う
  3. パーソナルトレーナー養成スクールに通う

それぞれご紹介していきます。

【パーソナルトレーナーとして経験を積む方法①】ジムでアルバイトをする

まずジムでのアルバイトをする方法です。

ジムでのアルバイトは時給をもらいながらパーソナルトレーナーとして働くことができますので、稼ぎながら経験を積みたい方にはもってこいでしょう。

しかし、得られる知識や技術はパーソナルトレーナーの専門学校やパーソナルトレーナー養成スクールよりも劣ってしまいます。

本気でプロのパーソナルトレーナーとしての活動を目指すのであれば、専門学校や養成スクールに通った方がいいでしょう。

【パーソナルトレーナーとして経験を積む方法②】専門学校や短大に通う

パーソナルトレーナーの専門学校や体育系の短大、大学に通う方法は、

  • 高額な学費
  • 膨大な時間

が必要ですが、じっくりと知識と経験を蓄えることができるので、おすすめの方法のひとつではあります。

しかし、社会人でこれからパーソナルトレーナーを目指そうと考えている方や、すぐにパーソナルトレーナーとして活躍したい方には少し不向きな方法です。

【パーソナルトレーナーとして経験を積む方法③】パーソナルトレーナー養成スクールに通う

  • 短期間でプロとして活躍できる実力を身に付けたい
  • なるべく費用を抑えてパーソナルトレーナーの経験を積みたい
  • 経験を積みながら資格も欲しい

という方は、パーソナルトレーナー養成スクールがおすすめです!

パーソナルトレーナー養成スクールは、

  • 専門学校より安価な学費
  • 最短半年で卒業できるスクールもある

が主な強みで、

  • パーソナルトレーナーとして活躍するのに必要な実力が短期間で身につく
  • パーソナルトレーナーとしての活躍に必要な資格が取れる
  • 就職、転職など進路の案内をしてくれる

という特徴があります。(スクールによって内容は異なります。)

パーソナルトレーナー養成スクールなら高校を卒業した学生の方だけでなく、社会人の方も無理なく通えます。

すぐにパーソナルトレーナーとして活動を始めたい方にはもってこいの方法でしょう。

パーソナルトレーナーズプロでは、パーソナルトレーナー養成スクールを無料でご紹介しています!

学費やカリキュラムについてなど、どんなご質問にもお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

トレーナー志望の方向き
無料相談所